Androidアプリの値下げ情報や各種ランキングを掲載。レビューの語句を分析して日本人が好むアプリを紹介しています。

Androライオン このサイトについて
  
カテゴリー

リンク集
3,854位(前回 3,849位)

アクション 評価 : 4.4 (評価数 : 444,381
イントゥ・ザ・デッド 2:ゾンビ・サバイバル [Into the Dead 2]
価格 : 無料  アプリサイズ : 66M

評価数の推移グラフ
 情報取得日 : 2021/4/23
開発者 :
動作条件 : 4.4 以上
ダウンロード数 : 10,000,000以上
バージョン : 1.45.0
ストア更新日 : 2021/3/28

スクリーンショット


アプリの説明
大ヒットの ゾンビアクションゲーム 「Into the Dead」 (ダウンロード数が7000万を突破)の 続編!

家族を救うために、ゾンビアポカリプスの世界を旅して進め。強力な武器を手に入れて、あらゆる手段を使って生き延びる必要がある。ゾンビたちを狩りまくれ - そして走り続けろ! もはやこの世界に安全な場所などない。君は生き延びて目的地にたどり着くことができるか?

あの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の恐怖の前日譚や「ゴーストバスターズ」の外伝など、限定ストーリーイベントでさらなる悪夢のストーリーを楽しもう。

特徴:
• 驚きの展開が待つマルチエンディングのストーリー — 全7章、60ステージ、数百のチャレンジからなるアクション満載のキャンペーン
• 強力な武器と弾薬Perk — 近接武器、火器、爆発物など様々な武器をアンロックしてアップグレード可能!

ユーザーレビュー
  • 無課金で進めようとしたら報酬広告みないと話にならない。ゲームを進めるために広告見るのじゃなく、広告見るためにゲームがあると思うほど。肝心のゲーム内容もツマラナイ有料武器買えば楽すぎてそれ以外だとドマゾ作業ゲー。 ☆0と評価したいとこですがそれだと評価できないので☆1で
  • Google開発者かアプリがどちらかハッキング立ち回りしてますね。何か昔のファミコンみたいな固まりホーム画面閉じてアプリ消しているにも関わらずバリバリ耳が鼓膜破れるほどBGM消えず完璧悪質ハックアプリなので←摘発レベルGoogleは改善もせず放置Googleはなくならないと大事件なる。
  • 想像以上に、世界観に入り込めるところが、すごいと思う。
  • 暇潰しにはいいです。
  • 前作(イントゥ・ザ・デッド)から大幅なボリュームアップしたけど、当たり判定含め、ゲームの本質(動く、避ける、撃つ)が大幅なレベルダウンした感じ。前作はやられると悔しいーっ、と思ったけど、2はイラッとくる。やれることは少ないけど、前作を未プレイの方には、前作をオススメします!
  • 何故か武器すべてが初期状態にリセットされたゴールドとコインはそのまんまなのに武器だけ消えた意味がわかりません。課金してた分返せ
  • 自分としてはこのようなゲームはとても面白いゲームだとおもいます。 理不尽な所が多々ありますが、そこもこのゲームの面白味かなと思います。 現イベントでの透明ゾンビ?なのか倒れてるゾンビなのかわかりませんが、急に襲われてゲームオーバーになります、バグならデバックしてもらえると助かります
  • チャプター4が終わっての感想。デイリーミッションとイベントを毎日こなせばパーツは割と簡単に集まる。その分シルバー不足に悩まさせられる。総合的には面白いです。スタミナ回復がウザすぎてVIPになったけど、それ以上の課金は自分のテク次第。コツコツやれる人向け。総合的には面白いゲームです。
  • 最初は面白いけど覚えゲーな所があり、避けられない程敵が大量にいるゾーンがあったりする。あと、敵が回避不能な程手前で沸いてくることがある。これらを強引に突破するには強い武器とナイフが必要。課金したりかなり時間を掛ければ武器は強くなるが、いずれにせよ単調過ぎるので直ぐ飽きてしまう。
  • ・ゲームとしては一応面白い。 ・ロード、イベントのサーバアクセス、動画再生の不具合が多発。 ・動画が再生されず真っ暗な画面になりフリーズ→再起動、の不具合が益々ヒドくなっている。10回連続で動画再生エラーになることすら。・イベントでの不具合は特に、イベントスコアがサーバに登録されない、ということが多く、クリア時スコアが半分以下にされることも。 ・ロードでのフリーズや再起動では、課金含む消費したアイテムやクリア事実が消されるので、消費アイテムに課金するのは躊躇される。 ・本作の主人公は、「後退する」「左右に90度進路変更する」「立ち止まる」という人として普通の能力を失った不可思議なモンスター(恐らく本人も無自覚なゾンビで)であり、そのため「壁に向かって足踏みを続けて居るウチに横からきたゾンビ(目視も射撃も不可能)に殺される」という不可解な現象も多発する。  ・80年代のビデオゲームじゃあるまいし、「主人公が足を止めないので壁やフェンスに向かって延々足踏み」→「敵に捕まり死亡」みたいなトラップが、本気で「ゲーム性として面白い」と思っているなら、デザイナーはちょっと療養した方が良い。
戻る 
このサイトについて | 今日の注目アプリ | PICKUP値下げアプリ | アプリランキング | 値下げアプリ一覧 | お問い合わせ
Copyright© 2012-2017 AndroLion. All Rights Reserved.