Androidアプリの値下げ情報や各種ランキングを掲載。レビューの語句を分析して日本人が好むアプリを紹介しています。

Androライオン このサイトについて
  
カテゴリー

リンク集
10,391位(前回 10,412位) ※2019/3/19時点

アーケード 評価 : 4.5 (評価数 : 275
BUGTRONICA
価格 : 無料  アプリサイズ : 14M

評価数の推移グラフ
 情報取得日 : 2019/3/20
開発者 :
動作条件 : 2.2 以上
ダウンロード数 : 10,000以上
バージョン : 1.0.1
ストア更新日 : 2013/8/26

スクリーンショット


アプリの説明
「あるひ ぼくの めのまえは バグだらけだった。
たいへんだ、なんとかしなきゃ。」

BUGTRONICA(バグトロニカ)はバグ世界をさまようゲームです。
あなたは バグっています。
むし を倒し右へ進んでください。

【操作方法】
←→:左右移動。
●:ビームをだします。
↑:ジャンプ(複数回可能)。
↓:しずみます。むしにあたりません。

ユーザーレビュー
  • ラストがよく理解できなかったけどものすっっっごく好き。 曲がかわったり止まったり、背景の色の変化や可愛いような奇妙なキャラクターたちも不気味で楽しかった。 世界観が独特ですてき。 何回でもやりたい。
  • 引き込まれる。
  • たったこれだけのことなのに!
  • 全てのページを解禁できました。 世界観・グラフィック・難易度等、とても面白くプレイすることができました。 ただ…ひとつだけ、これはゲーム自体とは関係のないことですが。 ゲーム制作中にこの制作者の身に起こったこと、それをあそこまで具にあとがきとして書くべきだったのでしょうか。勿論制作者がそれをゲームの中で表現するかどうか、プレイする人間が指図できるものでは当然ありません。しかし作り手であろうと受け手であろうと、私達の言葉は無かったことにはできません。具体的には、あとがきに記された制作者の当時の話とゲーム内の「きみなら どうつかう?」の2つの表現がどうもすれ違っているという印象が強かったです。私はきみならどう使う?の後にあとがきを読んで強烈に違和感を感じました。繰り返しになりますが、ゲームは楽しませていただきました。しかしどんな表現の仕方であろうと、言葉は無かったことにはできません。私自身、そう痛感することが多い気もしたのでここに書かせて頂きました。
  • 大好きです
  • まめだいふく
  • うん、
  • ついプレイしてしまう
  • 気がついたらハマってました
  • 言葉使いや、キャラクターの弱さにじんわりさせられた。 ゲームとしてはかなり簡単。 でも、セリフを理解するのが難しい。
戻る 
このサイトについて | 今日の注目アプリ | PICKUP値下げアプリ | アプリランキング | 値下げアプリ一覧 | お問い合わせ
Copyright© 2012-2017 AndroLion. All Rights Reserved.