Androidアプリの値下げ情報や各種ランキングを掲載。レビューの語句を分析して日本人が好むアプリを紹介しています。

Androライオン このサイトについて
  
カテゴリー

リンク集
22,473位(前回 22,492位)

アーケード 評価 : 4.1 (評価数 : 514
Anodyne
価格 : 550円  アプリサイズ :

評価数の推移グラフ
 情報取得日 : 2017/11/23
開発者 :
動作条件 : 2.2 以上
ダウンロード数 : 5,000~10,000
バージョン : 1.509
ストア更新日 : 2014/1/12

スクリーンショット


アプリの説明
「Anodyne」(鎮痛剤)。本作で冒険の舞台となるのは、ヤングという少年の無意識が生み出した世界。プレイヤーは大自然、都市、抽象的世界を冒険し、戦い抜いていきます。ゲームボーイカラーや 16 ビットゲーム機を彷彿とさせるビジュアルスタイルとどこか夢の世界を思わせる印象的な音楽が特徴的な本作が、ついに日本語版になって登場です。

日本語ローカライゼーション: 架け橋ゲームズ

「このゲームをプレイしていると、"喪失" としか形容できない感覚が沸き上がってくる (決して "見捨てられた" 感覚ではない) 。謎と不思議、そして懐かしさに満ちた世界で、プレイヤーはいつの間にか冒険を進めるための情報をすくい取り、歩みを進めていくのだ」
The Ambivalest

「Sean Hogan 氏と Jonathan Kittaka 氏は本作に魔法を込めたようだ。足を踏み入れるには勇気がいるが、一度入ったら外に出たくなくなる、そういう魔法を…。鮮やかさと細やかさの両立した世界、バリエーション豊かなエリアたち…。またゲーム中の音楽は、かつてドット絵のゲームが到達し得なかった雰囲気を醸し出している。まだ 2 月だが、本作からは「ゲーム・オブ・ジ・イヤー」の強烈なオーラが見える」

ユーザーレビュー
  • 50枚目のカードはやっぱりないのかな 50枚扉の先気になる。 例えばプログラム上、扉の先は作られているけどカードが作られていないのならば、カードの枚数を改造して50枚にしたりしたら50枚扉は開くのかな? 仮に扉の先が作られていたらの話なのですが。
  • 操作性で台無しゲーム内容は良い。ただバーチャルパッドの仕様上キー操作がずれる事が非常に多く、比較されているゼルダ等より緻密なジャンプアクションを求められる本作と噛み合ってない。
  • システムはいうことなしGB風の懐かしさを感じると同時にジャンプの難しさを改めて認識出来る作品です。 ただ惜しむべくは今風是非ともではなく、一昔のシナリオであるという事です 斬新と呼ぶか奇才と呼ぶかは人によりけりですが、もう少し一般向けな内容には出来なかったのでしょうか? 値段は高すぎる為、300~100 円くらいなら即買いの価値はありますね,(o≧▽゜)o 次回も同じシステムを応用して更なる作品を作って欲しいと思い星四つです。
戻る 
このサイトについて | 今日の注目アプリ | PICKUP値下げアプリ | アプリランキング | 値下げアプリ一覧 | お問い合わせ
Copyright© 2012-2017 AndroLion. All Rights Reserved.